読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂手紙のなりゆきブログ

KindleDPで本を出しました。Kindleが読めるデバイスで「砂手紙」を検索してください。過去テキストの一覧はこちら→http://d.hatena.ne.jp/sandletter/20120201/p1

叙述トリックのミステリーは、よくも俺を騙しやがったな、と本を叩きつけたくなるようなのが名作

 叙述トリックというのは、曖昧な・信用できない、あるいは嘘を言っている語り手によって作られるミステリーのトリックで、そこがトリックのキモなため、具体的な著作どころか作者の名前さえおそろしくて口に出せない、「牛の首」みたいな話です。
 …「牛の首」は、そんなこわい話は聞いたことがない、だったかな。
 牛の首を撫でるとな…どうなるかてぇと…まあその前に一杯飲ませろ…しかしなんでこう阪神弱いんだろうな…牛が喜ぶんだ。
 ええと、何の話だったっけ。
 ああ、そういう叙述トリックで、ぼくが読み終わって叩きつけた本が3冊あります。
 叙述トリックの作家としては、それはご褒美(勲章)なんじゃないかと思う。
 本の題名はもちろん言えない。
 つまらないだけのミステリーは、唖然とするだけなんですけどね。