読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂手紙のなりゆきブログ

KindleDPで本を出しました。Kindleが読めるデバイスで「砂手紙」を検索してください。過去テキストの一覧はこちら→http://d.hatena.ne.jp/sandletter/20120201/p1

「私のことを書かないで」という小説

 この小説の中で作者は、自分の10歳の娘について語ります。性格や学校でのできごと、クラスの友だちのこと、そして彼自身の職業と秘密のことなど。
 最後のオチはそれらを書いている作家のところに、娘が入って来てこう言う、というものです。

「お父さん、私のことを書かないで」

 しかしその小説を書いているのは実は成人した娘で、彼女が10歳のときに父親は事故で亡くなっています。
 そして別のオチになります。

『今はもう父がいないので、どんなことを書いてもかまわない。』

 するとそこへ父親がやってきて、俺は死んでない、作家だから何を書いてもいいというもんじゃない、と、作家である娘に苦情を言います。

「俺の話を書くなら、俺が死んでからにしてくれ」

 ところが実は娘は10歳のときに事故で死んでいて、娘が作家になったというのは、作家である父親の想像。
 ところが実は父親も娘も、この小説を書いた作者の想像。
 ところが実はこの小説を書いた作者というのも、作者の想像。
 …このようにややこしい小説は、多分書いてはいけないんじゃないかと思う。

 本日は460文字です。

関連記事:

sandletter.hatenablog.com