読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂手紙のなりゆきブログ

KindleDPで本を出しました。Kindleが読めるデバイスで「砂手紙」を検索してください。過去テキストの一覧はこちら→http://d.hatena.ne.jp/sandletter/20120201/p1

ジャック・リーチャーのシリーズが読みたい

 ジャック・リーチャーというのは、イギリス(今はアメリカに居住)のミステリー作家リー・チャイルドが創作したキャラクターで、映画はトム・クルーズ主演の『アウトロー』(2012年)『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(2016年)があります。シリーズだと9作目と18作目。
 自分もウィキペディアとかでしか内容知らないんですが、一言で言うと。

 ゴルゴ13水戸黄門と寅さんを足したみたいなキャラクターが、アメリカを舞台に活躍する話。

 主人公のジャック・リーチャーは、元米陸軍憲兵隊捜査官で、凄腕のスナイパー。
 アウトロー7箇条を、ウィキペディアを丸コピで紹介しますと、こんな感じ。

『1・職には就かない(陸軍憲兵隊の捜査官だったが、除隊後は全米を放浪)。
2・住居は持たない(徒歩やヒッチハイク、バスで移動し、流れ着いた街の安宿を転々)。
3・身分や居所を明かす物は持たない(携帯電話・免許証、クレジットカードなどは持たない)。
4・人とは絶対につながらない(恋人・家族・友人など面倒な人間関係は必要なし。女も一夜限り)。
5・証拠は信じない(警察はまったく信用せず、証拠も信じない)。
6・法律は関係ない(自分に絶対的な自信を持ち、己が定めたルールこそが法)。
7・悪は決して許さない(悪を見過ごすことができず、正義のためには手段を選ばない)。』

 小説はほぼ毎年、1997年から21作が刊行されてますが、翻訳は全部出ているわけではない。
 翻訳の出版元が講談社なせいですかね。あとアメリカを放浪する話なんで、日本人にはあまり馴染みないのかも。あと熱心な翻訳者がいない、みたいな。昔なら東京創元社が率先して出して、片っ端に品切れ重版未定リストにしていたようなシリーズだな。
 かと言って英語で読みたいほど面白そうか、と聞かれると、どうにも首をひねるしかない。
 比較的入手が容易そうな奴を何冊か読んでみてから考えよう。