読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂手紙のなりゆきブログ

KindleDPで本を出しました。Kindleが読めるデバイスで「砂手紙」を検索してください。過去テキストの一覧はこちら→http://d.hatena.ne.jp/sandletter/20120201/p1

自分の倍の年の人の考えはわからないし、半分の年の人の考えは忘れている(機動戦士ガンダム)

 たとえば、あなたが小説を書いているとして、30歳だったとしましょう。
 物語の中に60歳の人を出そうと思っても、多分うまく書けない。既成のテンプレートをなんとかして、想像で補うしかないので、どうもその内面まではきっちり書けないはず。
 逆に15歳の人を出そうと思うと、それがもう、自分では経験あるんだけど、その時どんな感情で人と接していたか、さっぱり思い出せないんだよなあ。
 これが、40歳と20歳の人なら、多分うまく書けるかもしれない。
 機動戦士ガンダム(ファースト)が放映されたのは1979年で、その時富野由悠季は38歳。なんか微妙な年齢だなあ。
 もちろん、今の富野由悠季に若者なんか書けるわけがない。
 自分が若者だったときのことを、偽造記憶でなんとか作り込みながら書いてるだけ。
 高校生の若者には、40代ぐらいの父母と70代ぐらいの祖父母がいることに、多分なると思うんだけど、ライトノベルの作者は、父母はともかく、祖父母まではうまく書けないんじゃないかと思う。