読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂手紙のなりゆきブログ

KindleDPで本を出しました。Kindleが読めるデバイスで「砂手紙」を検索してください。過去テキストの一覧はこちら→http://d.hatena.ne.jp/sandletter/20120201/p1

加藤恵さんはふたりいる(冴えない彼女の育てかた)

(以下ネタバラあるので注意)
 アニメ『冴えない彼女の育てかた』(2015年)で、地味キャラにもなれない無個性だけどヒロインの加藤恵さんは、実はふたりいます。
 加藤恵Aさんはだいたい学校とその続きの場面にいて、制服を着ていて、あまり感情を出さないんだけど、加藤恵Bさんはおしゃれな服を着て、ときどき感情を出す。
 早朝、坂の上で帽子を飛ばしたのが加藤恵Bさんで、学校でその話をしたのは加藤恵Aさん。
 その証拠に、加藤恵Aさんは「ほら、春休みの時、帽子拾ってくれたじゃん。白いベレーの」とは言ってるけど「わたしの帽子」とは言ってない。
 その帽子は加藤恵Bさんのものになった(加藤恵Aさんも「あげた」と言っている)ので、主人公の安芸倫也の家に行って朝までつきあうことになった加藤Bさんは坂道で「そういえばここってわたしが帽子飛ばしちゃったところだよね」って言ってる。
 北海道に行ったのが加藤恵Aさんで、行ったけど早めに帰ってきたのが加藤恵Bさん。
 モールのバーゲンに行った加藤恵Aさんは、安芸倫也と途中で別行動して、加藤恵Bさんが「おまたせー」と言って合流して、澤村・スペンサー・英梨々の言動にムッとする。
 コミケの会場に行ったのは加藤恵Bさんなんだけど、お手洗いに行くふりをして時々交代してて、澤村・スペンサー・英梨々が帽子を落としたのを見るのは加藤恵Aさん。
 澤村・スペンサー・英梨々の家でゲームのシナリオを打ち込んでいたのは加藤恵Aさんなんだけど、安芸倫也とスマホで会話して、「おなかすかない?」とカメダ珈琲店に誘ったのは加藤恵Bさん。ここらへんの入れ替わりトリックは、実によくできてる。そんなばかな、と思われるかもしれませんが、立ち上がった加藤Aさんと、会話している加藤Bさんがいる、って謎は、だいたいここらへんではっきりしたんだよな。
 氷堂美智留の初ライブに行って、英梨々と名前で呼び合うのも加藤恵Bさん。
 加藤恵Bさんは、実は加藤恵Aさんのイトコで、春休みに引っ越してきて、家が隣同士になった。
 イトコの圭一くんというのは、加藤恵AさんとBさんが安芸倫也に仕掛けた罠で、AさんかBさんの変装。

(これはぼくが作ったでたらめな話です)

関連記事:

sandletter.hatenablog.com